あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行

あ行

RC
Reinforced Concrete造の略で、鉄筋コンクリート造のことです。建築工法のひとつ。鉄筋は引張力に強く、コンクリートは圧縮力に強いという両者の利点を生かし、鉄筋でコンクリートを補強した構造となっています。
アウトポール
アウトポールとは,室内に柱型が出ない建築設計です。柱を居住スペース外部に出すことで、リビングダイニングを始め,各居室から柱方を無くし、すっきりとした室内空間になります。従来の設計よりスペースがあって家具やインテリアのレイアウトも自由度が高まります。一般的にアウトポールは、バルコニーに面した部屋で採用されることが多いようです。
ウォーク・イン・クローゼット
歩いて中に入れる収納庫で、衣装部屋内に人が入って収納取り出しができる部屋で、着替えもできます。寝室に続く衣装部屋として、ウォーク・イン・クローゼットは人気があるようです。
エクステリア
本来は「外側」、「外観」の意。門や塀、表札、カーポート、サービスヤードなど屋外の住宅設備のことを指します。対語はインテリア(内装設備)。屋外住宅設備メーカーがインテリアに対する用語として創造したと言われています。
LDK
Lはリビング(居間)、Dはダイニング(食堂)、Kはキッチン(台所)、それぞれの頭文字でこれら3つの機能が一体となった部屋を指します。
オープンスペース
大規模なビルやマンションの敷地内に設けられた周辺住民のための緑地や空き地などのこと。多くは道路に隣接した部分に遊び場や歩行者専用通路などの憩いのスペースとして設置されます。災害時は避難場所としても利用することが有ります。
オール電化システム
ガスを引かずに住戸内のエネルギー源を全て電気で、まかなうシステムの事です。室内の空気を清浄に保てることや、ガス漏れや火事の事故を防げるというメリットがあります。
オートホームメーション
オートホームメーションとは、家庭にあるあらゆる家電などを総合的に制御して、家の中で安心して生活できる空間をつくるためのシステムです。たとえば居間のソファに座ったままリモコン操作でカーテンやブラインドを開け閉めしたり、ホームシアターを自動的にスタートできたり、家に帰る前に携帯からエアコンなどを調節することができます。日本ではなじみが薄い言葉ですが,アメリカでは20年以上も前から住宅設備としてかなり一般化されているようです。
屋上緑化
樹木・植物などを建造物の屋上に設置し、緑化すること。北海道ではなじみが薄いが、首都圏ではヒートアイランド現象の対策として浸透しつつあります。国の「緑化設置整備計画認定制度」の一環であり、要件を満たす樹木等を屋上に設置すると固定資産税が軽減されます。
落とし込み浴槽
浴室の床面に埋め込んで設置する浴槽のことです。床面から浴槽の縁までの立ち上がりの高さは33cm〜45cm程度になるため、不安定な姿勢をとらなくても浴槽に入りやすく、高齢者や子供にとっても安全というメリットがあります。

Copyright© 2007 TAC. All rights reserved.